JWCAD 実寸固定・図寸固定の違いをイラスト付きで解説

便利テクニック編

JWCADには

  • 実寸固定
  • 図寸固定

というややこしい設定があります。

こちらをイラスト使ってわかりやすく解説します。

 

JWCAD 実寸固定・図寸固定の違い【実寸固定選択でOK】

結論は実寸固定を使ってくだい。

図寸固定はまず使いません。

その理由も含めて解説します。

JWCAD 実寸固定・図寸固定の違い【イラスト付き違いを解説】

イラストを描いてみました。

と言っても線ばかりですが笑

もともと1/50サイズで10mの線を引いた場合、1/100にすると当然画面に表示される10mの線は半分の長さになりますよね。

でも10mという長さは変わりません。

これが実際の寸法は固定される

実寸固定

です。

縮尺が変わるたびに寸法が変わってしまっては、図面引きにくくて仕方ありません。

なのでこれがあなたが選ぶべき選択肢となり普通です。

 

これに対し同じ行動を図寸固定でします。

1/50から1/100に縮尺を変えても、表示される10m線の図形の長さを固定してしまうので、10mの線の長さが20mに変わってしまうのです。

これが図形の寸法を優先させる

図寸固定

です。

JWCAD 実寸固定・図寸固定の違い【実際の画面で解説】

実寸固定

図面右下のここ。

今は1/50になっています。

下図は10mのスクリーンショット。

 

1/100に変更してみます。

 

当然ですが、半分の長さになりました。

次に図寸固定。

 

図寸固定

 

図面右下をクリック

 

図寸固定にチェックを入れて、1/100でOKボタン

 

図面は全く変わりません。。。

が!

実際この線の寸法を測り直してみると、、、

20mに変わっています。

図面の線は固定され、寸法が変わってしまうのです。

もともとの寸法線もそのまま表記が残っています。

 

JWCAD 実寸固定・図寸固定の違いをイラスト付きで解説【まとめ】

以上まとめると

実寸固定のみでOK

というシンプルな解答です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました