JWCAD グリッド表示方法 【初期設定でしておくべきこと】

便利テクニック編

JWCADには便利なグリッド表示というものがあります。

建築は特にモジュールがありますので、これを使うととても便利で作図作業の効率化が図れます。

では早速解説します。

 

JWCAD グリッド表示方法 表示結果

ご覧いただけるでしょうか?

グリッド点が付いています。

今回は木造のモジュール910で設定しました。

グリッドが付いていると、特に建築の場合は線が引きやすいです。

では早速方法です。

とても簡単です。

 

JWCAD グリッド表示方法

右下のこちらをクリック

 

ウィンドウが現れますので

実寸(実物寸法)にチェックを入れて

910,910

と入れてください。

 

実寸にチェックを入れなかったら図面の大きさが反映されます。

1/100で9.1mmとなるので

9.1,9.1

入力してください。

右側の▼タブを開くと、既にリストに入っているかもです。

 

あと

 

 

を1/2で指定すると

 

 

モジュールグリッドの黒い点と黒い点の間1/2の所に青い点が入ります。

 

1/4にすると

黒い点と黒い点の間が4分割される青いドットが入ります。

初期の設定では1/2か1/4の設定が良いと思います。

 

JWCAD グリッド表示方法 注意点

①グリッドはレイヤーは関係なく、設定すれば全てのレイヤーに適用されます。

②縮小表示すると見えなくなります。

この大きさだと表示されていますが、

もう少し縮小表示するとグリッドが消えます。

(拡大すればまた出てきます)

グリッドが見えない時は点を指示しても、読み取ってもらえません。

 

JWCAD グリッド表示方法 まとめ

  • 右下グリッド設定ボタンクリック
  • 実寸にチェック
  • 基本グリッド寸法の指示
  • 分割指定
  • レイヤー全体に適用される
  • 縮小表示の時はグリッドが消える

 

以上JWCAD グリッド表示の解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました