JWCAD 上達のコツ 初心者はまず仕組みを知る

作図編

JWCAD早く上達する方法は、仕組みを知ることです。

そこをわからず進めると、いずれどこかで理解に苦しむときが来ます。

そうならないために必ず先に、仕組みを理解しましょう。

 

JW CADは無限のキャンバス

JW CADはキャンスの大きさが無限大です。

手書きの時は、一般的にA 2用紙に作図していました。

その決められた用紙の中で建築だと、平面図・立面図・矩計図などを作図していました。

用紙が足りなければ枚数が増えます。

ところがJW CADはそういったキャンバスの大きさが定められていません。

 

なので一枚のキャンスに制限なく製図することが可能です。

そして作図した中で、図面として欲しい部分だけを、A4やA3など用紙の大きさを選んで印刷するという仕組みです。

初心者はまずここを理解してください。

 

 

レイヤーはモード切替と覚えよう

先ほど説明しましたがJW CADは無限キャンバスなので、どれだけでも図面を書くことが可能です。

ひとつのキャンバスに、平面図 立面図 矩計図 電気図面 配管図面などを書くことができます。

それらの図面をレイヤー分けすると製図しやすくなるという仕組みです。

たとえば、

 

  • レイヤー1は1/50に設定して1階平面図
  • レイヤー2は1/50に設定して2階立面図
  • レイヤー3は1/100に設定して立面図
  • レイヤー4は1/30に設定して矩計図
  • レイヤー5は1/50に設定して電気図面

 

というように設定が可能です。

なので一枚の無限キャンバスに縮尺が違う図面が混在します。

レイヤーは作図図面の種類や、縮尺を変更できるモード切替と覚えておきましょう。

まとめ 初心者がJWCADを早く上達するための仕組み

初心者が押さえておくべきJWCADの仕組みをまとめると

 

  • キャンバスは無限大
  • キャンバスの中から、印刷範囲を決めて印刷
  • レイヤーごとに図面を分けて縮尺を変える
  • 一枚のキャンバスに縮尺が違う図面が混在する。

 

20年前は、製図用紙にシャープペンシルを使って手書きでした。

訂正するときも消しゴムや修正液で、とても時間がかかりました。

CADは線を引くことに特化したソフトで、何度でも修正が効き、正確無比に図面を書くことができます。

マスターすればだれでも綺麗に図面が掛けます。

初心者はまずJWCADの仕組みを知ること、そうすれば上達がとても早いです。

ぜひ覚えておいてください。

絶対出来る、上手くなる!(^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました